循環器臨床作業療法研究会

2019年11月23日、東京都の秋葉原にて標記研究会が開催されました。

当院からは、作業療法士の須藤が講師として登壇しました。

内容は「高齢心疾患患者の特徴を理解して作業療法に生かす」です。

高齢心不全、フレイルを中心とした基礎知識だけでなく、症例を交えてフレイルチェックの有用性について講義しました。

 

2図1.png

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中