総合理学療法研究会

2019年5月18日に標記研究会が大阪人間科学大学にて開催されました。

日光医療センターから1名、研修生1名が研究発表を行いました。

演題:間欠性跛行に対する理学療法士としての取り組み

獨協医科大学日光医療センター 理学療法士 江原恭介

演題:維持透析患者における神経筋電気刺激を用いた認知症進展抑制の可能性

医療法人博友会友愛クリニック 理学療法士 竹内真由

引き続き、取り組みを発展させていきたいと思います。

写真 2019-07-18 12 48 11.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中