獨協医科大学教育セミナー

2月9日(土)に3院合同(獨協医科大学病院、埼玉医療センター、日光医療センター)の学内発表会が行われました。

当日は降雪もあり、9時から14時の予定でしたが、交通機関の乱れ等も考慮し、1時間ほど早く終わるようにスケジュール調整が行われました。

運営、設営スタッフの皆様の配慮に心から感謝します。

さて、当院からはリハビリテーション部が2題、検査部から1題、看護部から2題の計5題の発表がなされました。全11演題の約半数に届く勢いです。

当リハビリテーション部からは以下の2演題です。

飯塚裕介 作業療法士 「急性期における多職種協働により身体拘束の解除につながった症例」

須藤誠 作業療法士 「心臓リハビリテーションにおける作業療法士の新たな役割」

このような学内発表をきっかけに、さらなる他職種とのコミュニケーションを図っていきたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中