福島県作業科学研究会

10月21日に福島県郡山市にて標記研究会が開催されました。

OBP2.0という作業療法の新理論をテーマに、理論提唱者の寺岡睦先生とともに、当院の作業療法士須藤が実践についての講演を行いました。

日曜日の午前中にもかかわらず、参加者は60名を越え、多くのディスカッションが交わされました。

当院では、最新の情報をいち早く実践に取り入れ、より良いリハビリテーションの実現に向けて研究活動に取り組んでいます。

今回のように、日々の活動が実を結ぶことは、大変光栄なことです。今後とも皆様の期待に応えられるよう、尽力していきたいと思います。

写真 2018-10-21 23 31 15.jpg
福島県作業科学研究会の開催後の集合写真
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中